スタッフブログ

土地の向き メリットデメリット

南東の角地がベスト! よく言われることですし実際、最も坪単価の高い区画です。 ただしどの向きにもメリットとデメリットがあり 感じ方も人それぞれ。とあるお客様にとったら北向きの土地が一番いい!ってことも十分あり得るのです。

それぞれの向きのメリットデメリットを下記にまとめてみました。土地選びの参考になれば幸いです。

○南向き

何より日当たりがいい 基本的に終日、日が当たります 夏は太陽の高さが高いので直射日光が家の中まで届くことも少なく 逆に太陽の高さが低い冬は家の中まで日が届いてくれます。 デメリットとしては南側(つまり道路側)にリビングとお庭を作ることが一般的になりますので人の目が気になることです

○北向き

日が当たりにくい分、夏は涼しく過ごせます。日本の夏はつらいので地域によっては北向きが良い場合もよくあります。 南向きが人気なので北向きが割安なのも見逃せないポイントです。また道路側とは逆の南側にリビングをおくので人の目が気にならないというメリットもあります。 デメリットとしては日当たりが悪く 通風をうまく考えないと梅雨時期はジメジメするかもしれません

○東向き

朝日がしっかり入り込んでくれること 朝日をしっかり浴びることは目覚めはもとより身体にも良いですよね。午前中に洗濯物を干せばしっかり乾いてくれるメリットもあります。逆に午後になると日が差し込まず夏はいいけど冬は寒いかもしれません

○西向き

冬場に日中最後まで日が差し込んでくれるので家の中が暖かく保たれ寒い地域はいいかも 夕日を見ながら夕食なんてものいいですね。午後に洗濯物がしっかり乾くメリットもあります。デメリットは何と言っても暑い時期の西日でしょうすだれやひさしなどの対処をしておかないとサウナ状態になってしまうかも。

○旗竿地(はたざおち)

方角ではありませんが、字のごとく旗のような形になった区画がよくあります。 悪い印象でとらわれがちですが あながちそうではありません。まず割安なこと 進入口から所有となるので大きな土地となりしかも坪単価も安くコストパフォーマンスが良い。進入路が必然的に駐車場となるので奥の敷地部分の自由度が高い また周りに囲まれている場合は喧騒のある地域でも静かな場合が多く、子供さんの飛び出しの不安も解消できます。新居の外装にお金をかけず内装を充実させることができるというメリットもあります

簡単に紹介しましたが、近くに山があったりビルがあったりその地域の特性によりメリットデメリットも変わってきます。ここってどうなの? という場合もたくさんあるかと思います気軽にお尋ねください。

 

その他のスタッフブログ

Return Top